週末をプチ旅する ~伊豆スクーバダイバーのアウトドア日記~

週末のレジャー日記です。
スクーバダイビング、低山歩き、
日常のイベントをゆるゆると綴ります。

カテゴリ: 観光・旅行

おはようございます。
たまにはアウトドアを離れて、実家近くの散策の話です。
DSC_4239
娘のリクエストでアメ横へ。
あまちゃんブームのころに連れて行って以来、長女のお気に入りスポットになってます。
DSC_4241
かき氷を食べ、二木の菓子でお買い物。
フルーツ屋さんでカットパインを食べる予定だったんですが、
いつも行っている店が無くなってました。残念。
DSC_4242
その足で浅草へ。
目的地は吾妻橋のアサヒビール。
この日は「都内は8月にはいって以来15日連続の雨」なんて
ニュースで言われていた日で、この通りスカイツリーも雲に隠れてました。

ビアホールやクラフトビールの店などもあったのですが、
本社ビル22階のラウンジへ。
入ってみると意外にもガラガラ。
店の人に聞いたら天気の悪い日は空いているんだそうで。

でも隅田川、浅草寺、五重塔などが眼下に見えてすばらしい!
ちょっと目を遠くにやると新宿高層ビル街や池袋サンシャイン60なんかも見えます。
冬の晴れた日なんかは富士山まで見えるのかもしれないけど、
曇りの日は空いてて、席も自由に選べておススメですよ♪
DSC_4246
フルーティーな香りのする おいしいビールを頂きました。
娘は昭和の香りがするクリームソーダです。

次は蔵前のカフェNUIです。
ホテルのロビーを兼ねたオシャレすぎるカフェ。
以前から行きたかったお店です。
チェーン店のカフェとは違う落ち着いた雰囲気の中で、のんびりとしました。
DSC_4249
いま蔵前のカフェって、ちょっとしたブームなんでしょうか。
ググると「蔵前」って入力すると検索候補に「蔵前 カフェ」が出てくるんですね。


ご覧くださいましてありがとうございますニコニコ
ブログランキング、ぽちっとしてくださると嬉しいです音譜

にほんブログ村 アウトドアブログへ         
にほんブログ村        アウトドアランキング

梅雨の合間に晴れ間の広がった6月24日。
75歳のオヤジと共に箱根旧街道ウォーキングに行って来ました。

須雲川 → 畑宿 → 甘酒茶屋 → 芦ノ湖のコース

ウォーキングとは言っても東海道の難所と言われた箱根峠。
最高地点は標高820mもあり、多分500mぐらいは登るコースです。
親父をいたわりながら歩きましたw

朝ロマンスカーで箱根湯本へ。
天気もいいし、すでに車中が混んでます。
923292c5.jpg

駅を下りたらバスでスタート地点へ向かいます。
駅から須雲川までは ほぼ車道であまり面白くない・・・
というか狭い道を車ビュンビュンで怖いんですよね。
9f9d12cf.jpg

須雲川バス停を下ります。
バスにはそれなりに乗客がいましたが、ここで下りたのは私たちとおじさん一人。
あまりここから歩く人はいないようです。

近くにアジサイがきれいに咲いてました。
きっと箱根登山鉄道のあじさい電車もにぎわってることでしょう。
残念ながら旧街道にはアジサイはなく、このアジサイが最後でした。
196b82d8.jpg

須雲川遊歩道。
炎天下の車道から入ったとたんに気温が下がります。
清流沿いを歩く な気持ちいい きわめて緩やかな登りの遊歩道です。
発電所なんかもあったりします。
6425eb9a.jpg

箱根と言えば石畳の道。
少しずつ石畳が多くなっていきます。
でもコケが生えてて、ゴツゴツと滑りやすくて歩きにくいんですよね。
昔は歩く人が多かったからコケも生えなかったんでしょう、きっと。
7e48abcf.jpg

ところどころに清流があらわれ、なんとも涼しげで気持ちいい道です。
小さな橋もあり、冒険気分♪
6bca387b.jpg

のんびり歩いていると畑宿に到着です。
木工細工が有名なところ。
ここから歩く人もけっこう多いと思います。
66f1e7eb.jpg

しかしここから先しばらくが最大の難所、かしのき坂。
ひたすらきつい勾配。
車道の箱根新道、旧道を縫うように急坂や階段を上がっていきます。
「橿の木の さかをこゆれば くるしくて どんぐりほどの 涙こぼる」
足が丈夫であった昔の人にもつらい坂だったようで。
566c5b76.jpg

かしのき坂を越えて、しばらく歩くと甘酒茶屋。
かつては旅人に甘酒をふるまう店は多数あったようです。
今はここだけ。
歩きよりも車で来る人が多いですね。
9057eba9.jpg

中は売店になっており、甘酒以外にもいろんなものが買えます。
外のテーブルでしばし休憩させていただきました。
1906d3b8.jpg

ここからはラストスパート。
しばらく歩くとこのコース最高地点の場所を通りすぎます。
78b19c6f.jpg

途中の石碑
「箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川」
3396da36.jpg

最高標高の場所から少し下って・・・
芦ノ湖に到着。
天気がいいので、車も歩行者もにぎわってます。
外国人が多いなー。

富士山もかろうじて見えました。
6月としてはラッキー♪
d6d0285e.jpg

甘いものを求めソフトクリームを食べ、「深生そば」で昼食。
かつ丼セットをおいしく頂きました。

バスで湯本に戻り、温泉「弥次喜多の湯」で汗を流し、
さっぱりしてロマンスカーで帰りました。

ウォーキングは約3時間。
75歳のオヤジは・・・
涼しい顔でケロッとしてます。
昔の人は足が丈夫だ(^-^;


ご覧くださいましてありがとうございますニコニコ
ブログランキング、ぽちっとしてくださると嬉しいです音譜

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村



散歩・ウォーキングランキング

新幹線に置いているフリーペーパーの「トランヴェール」

6月号に「至福の女子旅」というコーナーがあり、

十和田のウォーキングが紹介されていました。

e9d9d416.jpg

テーマは奥入瀬渓流「コケさんぽ」で、

ルーペを使って様々なコケの鑑賞をするというもの。

案内してくれるガイドもいるらしい。

さらに記事にはこんなことが。
「しっとりと水を含んだコケの美、

その多様なデザインを鑑賞しながら

渓流を歩く女子たちを『コケガール』と呼ぶ」

おぉ、そうであったか。

ならば濃霧の丹沢でひたすらコケの写真を

撮った我々はコケボーイではないか。


そう初めて登った三ノ塔で、激しい濃霧に見舞われ、

ひたすら雫の光るコケの写真を撮ったことがあったのです。
a1286717.jpg

時代の先を進んでたことに安堵しつつ、

ボーイなんて言葉は20年以上前に捨ててきたなと 、

コケオジサンは一人思うのでした。

ググってみた

でもなんか強引な記事のような気がする。

無理やり作った言葉ではないか。

と言うことでググってみました。

コケガール

ヒットする。
そんなに新しい言葉ではなさそう。

コケジョと書いていHPもある。


コケボーイ
ポケボーイに変換されちゃったよ

粘って検索してみると、そんな言葉が無いこともないけど、

あまり一般的ではなさそう。

コケメンとかいう言葉もわずかにあるよう。

コケオジサン
オジサンがコケてしまった。

しヒットするけど、もはやトレンドからは遠ざかり、コケ研究家といった風情。




と言う訳でコケガールは存在しました。

でもコケボーイ、コケオジサンにはあまり人権というものが感じられない。

それでも少雨とはいえ梅雨の季節、

オジサンは久々にコケの写真でも撮ろうかと思うのでした。



ご覧くださいましてありがとうございますニコニコ
ブログランキング、ぽちっとしてくださると嬉しいです音譜

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村



散歩・ウォーキングランキング

隅田川も柳橋も近いところで育った私としては、

経験していてもおかしくないはずなのですが。。。

うーん、記憶にない。

初めてかも。屋形船。
8670aeec.jpg

桜木町の近くの川で待っていると・・・

来ました。

私どものグループで貸し切りの屋形船。

0b9a6196.jpg

うれしー!(^^)!

すでにハイテンション♪


乗り込むとテーブル2列ぐらい入りそうなところに

1列だけで広々としてます。

アルコールも飲み放題。

料理も刺身やら天ぷらやら出てきて、

ボリュームあって普通においしい。

8c393f96.jpg

屋根の上にも上がれます。

最初はみなとみらいの湾内に長くとどまり、

4a053c36.jpg

その後はベイブリッジをくぐって帰るコース。

いつもと違う2時間ぐらいの飲み会でハッピーになりました。


ご覧くださいましてありがとうございますニコニコ
ブログランキング、ぽちっとしてくださると嬉しいです音譜

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村



散歩・ウォーキングランキング

地元のお祭りに行って参りました。

我がふるさと、鳥越。

今年はお祭りに合わせてアド街ック天国で紹介されてました。


地味な街ですが浅草のとなりのような場所で、旧地名も「浅草鳥越」

界隈では三社祭はじめ数々のお祭りが5月に行われますが、

鳥越はその中でも最も遅い6月上旬。

6月9日に近い土日に行われます。


実に盛大なお祭りで巨大な御神輿が有名です。

若かりしころは声を枯らし、肩を腫らして御神輿を担いでましたが、

今はもっばら子供を連れて行き、親戚や友人と会うためのイベントですね(^_^;)

もちろん40代半ばの私よりもずっと年上で現役バリバリの方もいますよ。


ちょうど梅雨に入った時期に行われるので、高確率で雨に見舞われるのですが、

今年は異例の好天で暑いぐらいでした。


鳥越のほか浅草橋だとか三筋だとか近くの町ごとに持っている町内御輿と、

各町共通の本社御輿の2つがあります。

a4df3b85.jpg

これが大きいので有名な本社御輿。
神輿を見慣れた人が間近で見ると、その大きさに驚きます。
特に胴体でも言うべき部分のくびれがなく、実に太い。
皆で担いでいても「重てえなー」と思ってしまいます。

8845992d.jpg

こちらは宮元である鳥越二丁目の町内神輿。

私も少しだけ担ぎました。

「おりゃ!おりゃ!」と声を出して汗にまみれて担ぐだけなんだけど、

やると楽しくなっちゃうんだよなー。

このまま土曜日の夜には「六ケ町連合」と言って、

各町の神輿が集まり提灯を灯して鳥越神社に向かって担ぐのです。

今年は勢いよく担ぎすぎて提灯が燃えてしまった町もあったそうな。

efc1c875.jpg

そして日曜日には本社神輿の登場で、

朝一で鳥越神社から担ぎ出す「宮出し」に始まり、

その後は町から町へ本社神輿が渡り、

最後は神社に納まる怒涛の「宮入り」で終わるのです。


が、今年はそれを見ることなく土曜日のみで帰りました。。。


ご覧くださいましてありがとうございますニコニコ
ブログランキング、ぽちっとしてくださると嬉しいです音譜

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村



散歩・ウォーキングランキング

↑このページのトップヘ